京の匠 西陣金襴とのコラボレーション

机に重厚な箱がひとつ

中には照明の光をキラキラと反射させる黄金の品が…

精巧に織り込まれたこちらはいったい何なのか…

熟練した職人が丹精込めて織り上げる西陣金襴

京都の西陣で明治15年創業以来130年余り、
京の匠を運営する加藤太織物株式会社とのコラボレーション

■京の匠
http://kyonotakumi.jp/

代々受け継がれてきた確かな技術で

少しずつ織り上げられていく京の技術

1枚仕上げるまでにかかる日数はなんと2 週間から3 週間

西陣金襴の本金ならではの輝きと木村英輝の大胆な構図と極彩色の融合。

・「Carp is dragon in heaven」(鯉)
・「Peacock & lvy」(孔雀)

の2種を制作中です。

手織りで仕上げられたあたたかさも感じられる作品です。
近日中にお店に展示予定。またお知らせいたします。


京の匠 西陣金襴とのコラボレーション への2件のフィードバック

  1. 天羽知恵子 のコメント:

    きゃーやられた〜って感じです!

    • 生産 開発室 のコメント:

      天羽さま
      コメントありがとうございます。
      手織りの温かみ、繊細さ。素晴らしい仕上がりになっております
      また展示しましたら、実物をぜひ見に来てくださいませ^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です