関東東北、キーヤン巡り。

こんばんは!
いよいよ立冬を迎え、冬へのカウントダウンご始まりましたね。年末へのカウントダウンも。。
色んなものに追われて、俄かに木村先生、スタジオのスケジュールも早足になって参りました。先生頑張って〜!

さて、そんな本拠地京都でのバタバタから少し離れ、東北・福島での制作は、まだ記憶に新しいですね。^ ^

(null)

(null)

そして、今回の東北への旅は、色んな壁画との再会の旅でもありました。

福島宿泊初日は、ちょうど一年前に相馬で制作した、ホテル エムアンドエムにお世話になりました!
http://www.mandm1.co.jp/s/

(null)

(null)
大迫力の壁画は、朝日を受けて雄大でした。

そして福島最後の夜は、仙台に一泊し、ある所へ行ってきました。

それは。。

(null)

(null)
百貨店、仙台三越!
3月に納めた、ライオンとボタンの、百花百獣の王の図、Lions Familyに会うためです。

まだ空調もない、照明もないスタジオで、色んなスタッフの手を借りながら作成したこの巨大タペストリ、見上げるような円形ホールの吹き抜けで、堂々と睨みを利かせてくれていました。カッコイイ!

(null)

(null)
先生と比較してもこのサイズ!超巨大、大迫力作品です、是非、仙台へお立ち寄りの際は、仙台三越へ、足をお運びくださいませ!

さて、そのまま仙台駅で新幹線に乗り込み向かったのは。。

(null)

(null)
六本木ヒルズの和装小物屋さん、カレンブロッソさま!

作品紹介ページ
http://www.ki-yan.com/works/2009/hishiya/

2009年制作のこの作品は、先生と奥様お二人だけで仕上げられたもの。
金縁の表現は無く、シマウマのシマの部分が金、という珍しい作品。
お店の内外に、力強く駆け出すシマウマは、野性味満点の雄々しい姿です。

どちらも、お気軽にお立ち寄り頂ける場所で、いつでもご覧頂ける作品ですので、是非是非、京都以外で睨みを効かせる?!キーヤンワールドを、ご堪能くださいませ!^ ^


コメントは停止中です。